So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめての太陽光発電システム導入検討

太陽光発電のシステム一式を導入してから1年半余りが過ぎました。
太陽光発電導入により、我が家のエネルギー事情もだいぶ変わりました。
エコやエネルギーの経済性についても色々考えが変わってきたと思います。
購入検討~現在、そして将来に至る展望をブログ上に綴っていきたいと思います。
現在太陽光発電を購入するか、悩んでいる方も多いと思いますが、少しでもお役にたてれば幸いです。

はじめての太陽光発電システム導入検討

我が家は、群馬県南部の地方都市にあります。
群馬県南部は一年を通じて比較的晴天の日が多く、特に冬の晴天率が高いのが特徴です。
夏は内陸性の気候で、連日全国一二を争う高温を記録します。

我が家は一戸建て、屋根は切妻で南向き。
幸いにも南側は道路に面し障害物も無い状況です。
以前からソーラー発電の代理店と名乗る方々が営業に来ては
「太陽光発電にはうってつけの立地条件ですから是非ご検討を・・・」
と言っていたので何となく頭の隅にソーラー発電のことはありました。

実際、十数年前、家を建てて間もなくやってきた業者はかなり熱心だったので、
一度だけ真剣に話を聞いてみたことがありました。

初期投資は東京電力に売って回収できるとのことで、はじめは乗り出して聞いていたのですが・・・

色々話をされた挙句、見積もりを見せられ、結構高いなとの印象。
その業者曰く
「太陽光による余剰電力の売電で初期投資費用が回収できるのは、約20年後の予想です」

ミ ゚〇゚;)

気が遠くなるようなお話でした・・・

システムが20年もって経済的にトントン・・・
もし20年の間にメンテナンスが必要になればさらに回収に年月を要し、その間に壊れれば損出・・・

クリーンエネルギーに切り替えることの意義は有るのでしょうが・・・

さほど生活に余裕のないサラリーマン家庭では、30年の住宅ローンもがっつり残っている状況下では、あまりにも厳しい!

無理!!太陽光は金持ちのもの!!

これが当時私とかみさんが下した結論でした。
それからは同業者と思われる販売員が来ても、太陽光発電は採算が取れないと決めつけ、真剣に応対しませんでした。

今考えると、当時まだ今ほど普及していない状況下でパネルもかなり高価だったでしょうから、
必ずしも販売業者が皆ぼったくりだったというわけではなかったんだとは思います。
(怪しい業者もいるとはネット上で見聞きしていましたが)

それから十余年が経過した2012年末のある日、大きく認識が変わりました・・・




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。