So-net無料ブログ作成
検索選択

エコキュートの機種選び

この土日は群馬県南部地方は穏やかな晴天に恵まれ、発電量も伸びました。
感覚的に一日の発電量が30kWhを超えると、「今日は日中晴れて良く発電したな」と感じます。
この二日間は32.5kWh,30.9kWhと、まさにそんな二日間でした。

さて、太陽光発電導入当時の体験談の続きです。

エコキュートの機種選定に関しては、販売業者さんお薦めの日立「水道直圧給湯」(BHP-F46LD)を選びました。

エコキュートに変えて最もクレームが多いのが、水の出が弱くなった、という事らしいのですが、この水道直圧給湯方式であれば不満はないはず、とのこと。

実際に使用して、お湯の出で不満に思ったことはありませんでした。また、タンク容量460Lは6人家族の我が家でも1日の途中でお湯が足りなくなることはこの1年半で一度もありませんでした。

子供も生意気にもシャワーを使いたがるようになり、水道使用量はうなぎ上りですが、現状お湯が切れる事態は発生していません。

何週間か使用してみて容量的に充分であることがわかりましたので、現在は深夜以外の時間帯に自動的に追加の湯沸しをしないような設定で使用しています。
(それでも一度も湯切れしたことはありませんので、個人的は大変満足しています)

色々な機種が各メーカーから出ており、価格もまちまいですので、悩むところだと思いますが、上記のように日立の水道直圧給湯はお薦めです。

ただ、一度お湯の蛇口を開いたときに給湯機から共振するような低周波が発生したことがありました。
メーカーの方に確認に来ていただき、共振対策をして頂き、その後大きな音はしていません。
(うちの機械がたまたまだったのかもしれません)

夜中にお湯を豊富に使えるようになり、満足な入浴ライフを送っています。(^^)/

次回は同時検討したIHクッキングヒーターについて書きたいと思います。


スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。